« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

オイルフィルター、安いの見つけました!

今迄のストックのオイルフィルターが無くなったので、
ネットで探していました。一度イギリスのキャンピングカー屋さんに
注文しましたが、フィルターNOが解らず注文出来ませんでした。
キャンピングカーを買った所に問い合わせて部品NOを
教えてもらいました。

純正の物だと一個13ドルくらいするので送料を入れると
日本で買うのとそんなに変わらなくなります。
純正じゃないOEMだと、かなリーズナブルな値段の物もありますが….
これというものが見当たらず、注文しないまま数ヶ月。
昨日ふと、ebayを覗いたら10個で約56USドル!これは安いです。
ただ送料が約42USドルかかるので合計約100USドル。これでも
日本で買うよりはかなり安い。ただ大丈夫かなと思い、ブロ友さんに
相談しました。「パーツN0が同じなら純正じゃなくても大丈夫」と
言って下さったので、早速ポチっとしました!
20131130_125613
しばらく、オイルフィルター買わなくてよさそうです。
商品届くの楽しみです!
     お知らせです!
   明日12月1日朝7時45分〜
    NHK さわやか自然百景
  「静岡 三保の松原の海」が放送されます。
     朝早いですが、見て下さい!
詳しくは日本水中映像(株)ホームページで・・・

2013年11月25日 (月)

ハイマー窓レールの修理方法

ブロ友さんに教えてもらったYouTubeを何度も見て
キッチン窓の修理方法を学びます。


ちょと部品の数が違う気がするけど、大丈夫かな?
上手く出来るかな!ちょっと不安・・・。
Img_8926_2
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2013年11月23日 (土)

『岩国れんこん』

岩国のお友達が、立派な蓮根を送ってくれました。
しかも珍しい泥付きです!
Img_8929
私は、山口県生まれですが、岩国で蓮根を栽培していることを
知りませんでした。ましてや、日本五大産地の一つである事は
今迄知らなかったです。
岩国での蓮根の栽培は古く江戸時代から行われていたようです。
Img_8928
早速、我が家の定番、蓮根のきんぴら作りました。
鷹の爪を少し多めに入れて、ピリ辛の大人の味にすると
お酒のおつまみに合いますよ。
さすが「岩国れんこん」!シャキシャキした歯触りとホクホク感が
とっても美味しかったです。
Img_8930
「岩国れんこん」の保存法は、濡らした新聞紙に蓮根を包んで
ビニール袋にいれ冷蔵庫で保存。一週間は大丈夫だそうです。
Img_8931
さて、明日はどんな蓮根料理を作ろうかな・・・!?
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

2013年11月22日 (金)

ハイマーのパーツが届いた!!

イギリスの「Brown Hills」に注文していたハイマーのパーツが
やっと届きました。これで、壊れた所を修理出来ます。

まず、キッチンのプラスチック棚3枚。
Img_8923
あまり、たくさんの調味料を置いたつもりはないのですが・・・。
やはりキャンピングカーの調度は家で使っている物よりは
強度がないようで、車の振動等の負荷がかかるせいもあり
棚3枚ともヒビが入ってしまいました。
この棚は1枚1,500円くらいするので、ヒビ入った棚も
修理して使うつもりです。
Img_8463
次は、キッチン窓のワンタッチロック。
Img_8926
グレーのバンドみたいな物にロックが付いていて、
一カ所ロックすると3カ所同時にロック出来る仕組みになっています。
このグレーのバンドが途中で破れてしまいました。
Img_8459
それから、リビング窓のブラインドの部品。
Img_8924
これはなかなか部品を特定するのが大変で、何度もブラウンヒルズの
方とやり取りした部品ですが、やっぱりオーダーに失敗しました。
届いたのはスプリング。多分網戸の巻き取り用のスプリングかと・・・。
値段は、1個300円くらいなのでいつか役に立つと思うのでストック
しておきます。
窓の部品は数が多く、また細かい部品が多いため特定が難しいです。
的確に必要な部品の写真を撮って注文する事が重要です。
今回は窓のフレームを外せなかったのが失敗の原因でした。
最後に、よく壊れるスカイルーフのハンドル。予備2個注文しました。
Img_8925
今回届いた部品を交換する時に、いよいよ、窓枠を
外してブラインドの修理にも挑戦です・・・!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2013年11月20日 (水)

東京の秋景色

今週末に開かれる学年会の打ち合わせで、ホテルニューオオタニの
レストラン「トップ・オブ・ザ・タワー」に行きました。
このレストランは、ニューオオタニのガーデンタワー40階にあます。
この日はとてもお天気が良く、レストランからの眺めが
素晴らしかったです。
右の窓からは、迎賓館、赤坂御所がすぐ真下に見え、
左手には新宿方面、写真では白く飛んでしまって
写ってませんが、遠くには白く雪化粧した富士山が臨めました。
大都会東京では、空気が澄む秋ならではの眺めでしょう。
赤坂御所の森もちらほら紅葉していて、奇麗でした。
Img_8921
左の窓からはビルの隙間から、スカイツリーも見えます。
Img_8920
秋も晩秋に入り、もうすぐ12月。ホテルのあちらこちらには
クリスマスのしつらえがしてあり、華やかな雰囲気になってました。
Img_8919
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

2013年11月15日 (金)

キャンピングカーのペットの居場所

ボーダーコリーのミューズは、体重約14kg、体調約70cm。

それなりにキャンピングカーの中で存在感があります。
運転席と助手席の後ろの床に置かれた長方形の座布団が
一応ミューズの居場所になっています。
Img_8906
走行中はここでガムを噛んでいる事もありますが、
飽きると、リビングのソファーに乗って、前を見たり、
リビングの窓から外を眺めたり、寝たりしています。
自分の座布団にはいないことのほうが多いかもしれません。
Img_8901
キャンピングカーでミューズの一番のお気に入りは、
助手席じゃないでしょうか・・・。
車が止まっている時は、必ず助手席に座ってるし、
私が助手席を離れると、すぐにピョンと飛び乗って来ます。
やっぱり、アザラシの側がいいのかな?
Img_2218
そして夕食を食べた後は、一人後ろのベッドに行って
爆睡してます!!
Img_6595
結局、キャンピングカー丸ごとミューズの居場所だあ〜!

2013年11月14日 (木)

伊東市 小室山

伊東市8景の一つである、伊東市吉田にある「小室山」に

行って来ました。
Img_8882
アザラシとミューズと3人で、標高321mの頂上目指して
森林浴と癒し満喫コースを歩きます。
Img_8883
この辺り以前はこんもりとした森だったんですが、公園整備のため
すっかり木がなくなっていました。
Img_8884
20分くらいで山頂に到着。少し雲はありましたが、360度の
パノラマ。素晴らしい景色です。
正面の海の方を見渡すと、遠くに伊豆七島(八丈島は遠すぎて
見えませんが・・・)を臨めます。
Img_8888
左の方は、富士山から三浦半島、房総半島まで見渡せます。
残念ながら、雲に隠れて富士山は見えませんでした。
Img_8889
頂上にある「小室山神社」にお参りして、下山しました。
Img_8890_2
アザラシとミューズが麓に下りて来て疲れたようで、一休み!
Img_8893
今日は、約1時間の小室山の散歩でした。
次は、もう少し標高が高い伊豆8景の一つ「巣雲山」に登る予定です。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村




2013年11月13日 (水)

伊豆高原・秋を探して・・・。

久しぶりにいいお天気なので、運動がてら伊豆高原山の方を
歩いてみました。伊豆諸島の島々も今日は良く見えます。
雲の隙間から照らし出された利島は、奇麗でした。
Img_8843
伊豆高原はかなり広い地域に住宅が広がっていて、
道が入り組んでいるのでIphoneの地図を片手に歩かないと
迷ってしまいます。
歩いているとジュディオング資料館がありました。
今回は中には入りませんでしたがジュディオングさんの版画などの
展示がされているようです。
Img_8845
これは、世界一の巨大万華鏡のあるアトリエロッキー万華鏡館。
中に入ってみたかったのですが、時間がないのでここも今日はパス。
一度は、見に行きたいと思ってます。
伊豆高原はあちこちに小さな美術館があるので、美術館めぐりも
楽しめます。
Img_8847
しばらく歩くと、ザーという音が聞こえるので行ってみると、
川が流れていました。住宅のすぐ側にこんな川が流れていて
驚きました。
Img_8848
伊豆高原の紅葉はまだ進んでいませんでしたが、
ハゼの葉がほんの少し色づいていて、赤い実もありました。
この赤い実、調べましたが結局何の実か不明です。
Img_8852
少し秋を感じながら、山から下りて来て帰る途中、
無料の足湯がありました。足湯につかり、約3時間の散歩の疲れを
とりました。気持ちよかった〜!
Img_8853
久しぶりにいい汗かきました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村


2013年11月12日 (火)

ダイソン・デジタルスリムDC62とDC45

アザラシは、大の掃除機フェチ!
特に吸引力の強い掃除機には目がない。

今年の春、キャンピングカーで出かけた鹿児島で
ダイソン・デジタルスリムDC45(バッテリー掃除機)を衝動買い。
先日、また新しいダイソンの掃除機デジタルスリムDC62
買ってしまいました。向かって右がDC45,左が新しいDC62です。
Img_8869_2
新しい掃除機のいい所は、まず、本体が軽くなった事。
バッテリーの使用時間が15分から20分に伸びた事。
吸引力が強くなったこと。これでキャンピングカーの掃除が
もっと楽になると思ってました。
買った後に発覚したんですが、なんと新しいDC62、
バッテリーが外せない・・・。ということは、吸引力が強いとは言え
バッテリーを交換出来ない。掃除機ごと充電しないといけないので
キャンピングカーの中では邪魔です。
Img_8878
以前のモデルDC45は、性能は劣りますがバッテリーの
取り外しが簡単に出来るのでスペアーバッテリーに交換も
可能。充電もバッテリーだけ出来るので便利です。
(現在売られているDC45はバッテリーが簡単に取り外し
出来なくなったようですが・・・)
Img_8880
せっかく新しい掃除機買いましたが、キャンピングカーには古い方のDC45を連れて行く事になりました。
新しいものが必ずいいわけでもないいんですね。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村


2013年11月11日 (月)

ハイマー3兄弟!?

うちに可愛いハイマーが仲間入り、
大、中、小のハイマー3台で記念撮影です。
Img_8862_3
ブロ友さんから思いがけないプレゼント。
かわいいハイマーのミニチュアを送って頂きました!
このブルーのミニチュア、ドイツから輸入されたそうです。
Img_8864

素敵なプレゼント、ありがとうございました!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ


2013年11月 9日 (土)

「美々卯」京橋店

アザラシの師匠だった益田一さんが、大好きだった
うどんすきを食べに「美々卯」京橋店に行きました。
Img_8821
「美々卯」は本店が大阪で創業88年の老舗です。
京橋店は初の東京店で今年で40年経つようです。
アザラシがまだ20代の頃、師匠に連れて来てもらったのが
初めてだったそうです。それ以来、寒い季節になると、
何度か足を運ぶお店です。
今日は、師匠の娘さん2人をお誘いしました。
Img_8831
まず、薬味のショウガともみじおろし、すだちが運ばれて来ます。
おつゆを飲むスプーンが貝なのがかわいいです。
昔は、貝のスプーンを販売していましたが、今はもう売ってません。
Img_8824
次は鍋の具とうどん、円盤のようなうどんすき用の鍋が
運ばれてきます。具は、ゆば、生麩、しいたけ、白菜、
里芋、人参、大根、三つ葉、ハマグリ穴子、鶏肉、海老、
おもち等。鍋のだしの味が薄まらないように、
野菜は全て茹でて下ごしらえしてあります
Img_8829
お店の方が、お鍋になみなみとつゆを入れてくれます。
Img_8825
そして、最初に具をきれいにお鍋に並べてくれます。
Img_8828
鶏肉に火が通ったら食べられます。
娘さんと今は亡き師匠の思い出を話しながら
師匠の大好きだったうどんすきを頂きました。
Img_8832
色々なものが入り交じったスープは本当に美味しかった。
なんと、師匠はこの鍋を持って最後に残ったつゆを
飲み干したそうです。

昔からずっと変わらない老舗の味は いつ来ても
お腹と心を満たしてくれます。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

2013年11月 7日 (木)

講演「益田師匠との旅」

神奈川県立「生命の星・地球博物館」で7月20日から始まった
「益田一と日本の魚類学」の特別展も11月4日、アザラシの
「益田師匠との旅」の講演で幕を閉じました。
この講演に日本各所からたくさんの方々が来て下さいました。
ありがとうございました。
Img_8784
魚の話をするのは得意ですが、師匠・益田一の話をするのは
やはりアザラシにとってとても緊張することだったようです。
師匠とアザラシの出会いは、大学受験に失敗して浪人していた
19歳のころ。それから約40年の間、お付き合いをさせて
頂きました。永い年月を師匠と一緒に過ごし、たくさんの
思い出と強い師匠への思いがあって、かえって難しかったのでしょう。
講演本番迄、1週間ずっと考えていました。普段にはなく
原稿を持って講演に臨みました。
Img_8783
これは、アザラシが師匠と潜っている数少ない写真。
白黒なのが時代を感じさせますね。左が師匠、右がアザラシです。
当時はかなりスマートだった・・・。
Img_8786
無事講演も終わり、師匠にも少しは恩返しが出来たような気がします。
日頃お会い出来ない方々も聞きに来て頂いて、とても懐かしく
嬉しい再会でした。これも師匠のおかげ、感謝です。
Img_8775
最後に、この特別展示を作り上げた、スタッフの皆様、
本当にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
Img_8794

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック