« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

台風24号で家にこもる

猛烈な台風24号は、日本縦断して各地に

多大な被害を及ぼしている。

被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。


うちも昨日、マーケットで買い出しして、家にこもる

準備をした。

だが伊豆高原は、台風がくるのかと思うくらい静かで、

以外にも今朝は晴れ間が見えた。

運よく、ミューズの散歩に出かけられた。

上着を着てでかけたアザラシだが、暑いと言っていた。

Img_3757

 

 

散歩から戻ると、風は吹かないが、雨が降ってきた。

午後3時を過ぎると、雨が激しくなってきたのだが、

まだ台風は離れた場所にいる。

Img_3758


雨戸をしめ、物が飛ばないようにして、バッチリ

台風対策はしてあるので、いつ台風がきても

大丈夫かな・・・!?

Img_3759

 

もっと早く、台風の影響が出るかと思っていたが、

だいぶ遅くなって、伊豆半島は今日の夜中に

一番接近するようだ。


家にこもっていて時間がある。こういう時は、

いつでも食べられるカレー。うちのお気に入り、

SBのケララカレー。

下ごしらえをすればあとは煮込むだけ。

Img_3760

 

グツグツ煮込んで夕方、カレーが出来上がった。

スパイシーで美味しいカレーだ。

これで、食べ物も心配なし。

台風、いつでもかかってらっしゃい!!

Img_3762

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月28日 (金)

伊豆高原 クラフトの森フェスティバルinさくらの里♪

今日の夜明け前。夏に比べると日の出も

ずいぶん遅くなった。

ミューズに起こされる時間も5時過ぎに・・・。

いいお天気になりそう。

Img_3725

 

ミューズと朝の散歩。青空が広がり気持ちいいのか、

ミューズは大好きなわんこ、ゆうちゃんのお家まで

歩いた。

少し暑いが、空気が少し冷んやりして爽やかだ。

Img_3731

 

明日からまた台風の影響で雨になる予報なので、

散歩から戻るとお洗濯、窓を開けて家のお掃除と

忙しい。一段落した午後3時頃、さくらの里に

散歩に出かけら、「クラフトの森フェスティバル」が

開催されていた。

Img_3735

 

秋晴れで、たくさんの人が訪れていて、賑やかだ。

いつもは殺風景なステージも今日は花が飾ってあり

華やか。

Img_3741

 

芝生には、「1000 people IZU ART PROJECT」の

様々な作品が展示されている。

Img_3738

 

色々なお店を見て回り、カフェでちょっと一休み。

自分で好きなカップを選び、天城の天然水で

入れられたコーヒーは後味がスッキリして美味しかった。

Img_3744

 

コーヒーを飲んだ後、ゆっくり歩きながらフェスティバルを

見て回る。芝生に置かれた焼き物のオブジェが可愛い。

Collage_fotor_2

 

いつも来ているさくらの里だが、今日は、

秋晴れの中、いつもと違う雰囲気のさくらの里を

楽しんだお散歩だった。

Img_3752


明日から雨模様だが、「クラフトの森フェスティバル」は

29日と30日も開催されている。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月27日 (木)

丹那そば 亮月

昨日、キャンピングカーを車検に出しに沼津へ

行ったばかりだが、今日は、アザラシの

ベッドを見に、テンピュールが置いてある

函南の家具屋さんに出かけた。

 

いつもは、伊豆スカイラインか、宇佐美峠を

通って行くが、今日は、ルートを変えて、

熱海から熱函道路を走ることにした。

標識ではよく見ていたが、この道を走るのは初めてだ。

海岸線を走る道とは違い、山々が見える景色が新鮮。


ちょうど、お昼時で何か食べようとお店を探す。

道沿いに、ちょっと素敵そうなパン屋さんがあったが、

スルー。パン屋さんを過ぎた少し先に、

アザラシがお蕎麦やさんを見つけた。

「丹那蕎麦 亮月」さん

Img_2802

 

お店の中は、静かで落ち着いた雰囲気。

ご自分で有機肥料を使って育てたそばを

石臼で挽いてお蕎麦を打ているそうで、

体にも優しそう!

お店の方とお話しさせて頂いたら、お店の裏に

ソバ畑があると聞き見に行った。一面に広がる

白いそばの花が、綺麗。

Img_2804

 

二人とも、丹那そば、丹那自然薯の揚げ物、

丹波米の炊き込みご飯、丹波そばようかんが

ついた丹波の恵セットを注文。

Img_2807

 

アザラシ、美味しそうにお蕎麦を食べる。

お蕎麦は、少し太めでコシがある。

タレは少し甘めだが、太めのそばには

あっているように思う。自然薯の揚げ物も、

モチモチして美味しかった。

Img_2805

 

先ほど見た蕎麦の花、いつ頃新そばが

食べられるか聞いた。収穫が終わり

食べられるようになるのは12月頃だそうだ。

その頃、新蕎麦を食べにまた来たい!

今日は、思いがけなく新しい発見があり、楽しかった。

函南、またゆっくり訪れてみたい。

Img_2803

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月26日 (水)

4ヶ月ぶりにキャンピングカーでお出かけ♪

季節は春から秋に変わり、春の

キャンピングカー旅から戻って、

早4ヶ月が経った。

昨日出かけようと思っていたが、朝から豪雨で、

霧も濃く断念。今日、久しぶりに

キャンピングカーでお出かけだ。

9時半に家を出発!

Img_3703

 

家から国道135号へ出る道が細く、

キャンピングカー幅いっぱい。

しかも木々が道に張り出している。

このみちを通り時は、毎回緊張する。

Img_3706


 久しぶりのお出かけ、実は車検。いつもお

世話になっている沼津にある

「デリバリーガレージ」さんまで、

約1時間半のドライブだ。

伊東市内を抜け宇佐美から沼津に向かう。

バイパスから見える伊東港は、白波が

立ち荒れ模様だった。

Img_3707


 沼津市内に入り、沼津インターの入り口付近の

コンビニで休憩。久しぶりにキャンピングカーに乗ると

何処かへ旅に出たくなる。

Img_3708

 

午前12時ごろ、デリバリーガレージに到着。

デリバリーガレージのともさんから、車検まで

1ヶ月以上あるので、来月に入ってから

車検受けた方がいいとのこと。

しばらく預けることになった。

前回10月初旬に車検だったので、慌てて

お願いしたのだが、まだ余裕があったようだ。

ともかく、よろしくお願いします!!

Img_3712

 

キャンピングカーを車検に出し、代車に

スズキ・エブリーをお借りして、家に戻る。

Img_3714

 

家に帰る途中、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」に

寄った。よく通ってはいたが、立ち寄るのは初めて。

Img_3716

 

中庭を囲むように、建物が建っており、

色々な施設がある。

Img_3717


今回は時間がなくて、ゆっくり見て回ることが

できなかった。2回には地元の野菜を使った

レストランもあるので、次回は、ここで食事したい。

Img_3718

 

今日のお昼ご飯は、時々来ている丸亀製麺。

そして、平井精肉店に寄る、西伊豆に来た時の

お決まりコース。

Img_3719

 

午後2時過ぎには家に戻った。しばらくの間、

キャンピングカーのスペースに、お借りした

エブリーが入っている。

Img_3721

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月24日 (月)

大室山でお月見♪

フィジーから伊豆に戻って、曇りや雨ばかり・・・。

そして、寒い。

外にも出られず、旅行の後始末や、

家の掃除などして過ごし、1週間が経った。

厚い雲の下から日の出が見えた。今日は晴れそう。

Img_3686

 

私が、フィジーに行っている間、お留守番していた

アザラシとミューズ。ミューズは相変わらず可愛い!!

Img_3645

 

今日の朝は久しぶりにジョギング。走る道沿いに

萩の花が咲き、しばらくみない間に一気に秋が

やって来たようだ。

Img_3690

 

お昼頃、大室山の麓にあるさくらの里へ散歩。

しばらく来ない間にさくらの里も季節は一気に

秋へと変わったようだ。

どこからともなく甘い花の香りがすると周りを

見渡すと、キンモクセイの花が見頃になっていた。

Img_3651

 

桔梗の花のような可憐な花。

Img_3685

 

紅葉も色づき始めていた。

Img_3657_1

 

そして、一面にススキも咲、秋の深まりを感じる。

Img_3698

 

夜は、“伊豆高原オータムフェスティバル・

大室山でのお月見”が模様された。

大室山のリフトが特別営業され、様々なイベントが

開催されていた。

Img_3699

 

リフトで頂上に登ると、中秋の名月が、

海を照らし、美しい光景だった。

ずいぶん長く伊豆に住んでいるが、

大室山からのお月見は初めてで、

感動の夜だった。

P9240043

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月18日 (火)

女子旅 8日目 フィジーから無事帰国

フィジーに来て以来の素晴らしいお天気。

リゾートのレストランからの美しい風景も

今日で見納めだ。

鳥の鳴き声だけが聞こえる、静かなひと時。

Img_3578

 

今日は、一日移動で、まともな食事は

食べられそうもないので、少したっぷりと

マッシュルームのオムレツを食べた。

Img_3579

 

リゾートのレセプションでとてもお世話に

なったケイさんと一緒に写真を撮ってもらった。

また、ケイさんに会いに来られるといいなぁ〜♪

Img_3580

 

リゾートのスタッフの素敵な歌に見送られながら

午前7時半にリゾートを後にした。

楽しい時間をありがとう!!!!

Img_3586

 

空港に送ってもらい、搭乗手続き。飛行機が

小さいので、体重測定。体重は内緒だが、

着た時より増えているかも・・・!?

Img_3595

 

プロペラ機のツインオッターに乗り込み

午前9時5分、いよいよ出発。さらばサブサブ。

Img_3604

 

バヌアレブ島のサブサブ空港からビチレブ島の

ナンディー 空港までは1時間10分の飛行。

眼下にはブルーの海とサンゴ礁が見え、

楽しかった日々が蘇る。フィジーの美しい自然、

そしてフレンドリーでいつも笑顔を絶やさない

人々に心癒された6日間だった。

お世話になったケイ、アンディー、ニュー、ありがとう!

Img_3616

 

ナンディー 空港で、かけがえのない素敵な

思い出と共に私は日本へ、お友達はオーストラリアへと

旅立つ。

私は、少し体調が悪い時もあったが、ともかく2人とも

無事に旅を終えられたこと、一緒に旅ができる

友がいることに感謝。

また、元気に会えることを約束してしばしの別れ。

Img_3626

 

私は、午後125分発成田行きの飛行機に乗り、

成田には午後730分に到着した。

行きはかなり空席があったが、帰りの便は、

殆ど満席だった。

Img_3629

 

リムジンバスで新宿の京王プラザホテルに着くと

アザラシが迎えに来てくれていた。

そして、家に戻る前に寄ったは、讃岐うどんのお店

「四国屋」さん。煮干しのお出汁と腰のあるおうどんが

体にしみる。

Img_3632

 

そしてその夜、東京から伊豆の家に戻った。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月17日 (月)

女子旅 7日目 クストー リゾートで過ごす最終日

いよいよ、クストー リゾートで過ごすのも

今日が最後になった。

ずっと風向きが悪く、一番オススメのポイント、

ナメナ海洋保護区には、今まで行けなかったが、

運よく最終日の今日、行くことができた。

スタートは朝7時半と、少し早い。

お天気もここに来てから一番いい。

船上から見えるリゾートの風景も綺麗。

Img_3541

 

ナメナ海洋保護区は、フィジーの2つのメインランド、

ビチレブ島とバヌアレヴ島の間に広がる小さな

ナメナララ島の周囲、70㎢にも及び、誰もがフィジーで、

一番素晴らしいと言うポイントだ。

 

海峡が悪く、今日まで潜りにいけない場所だった。

最終日にいけて私もオサトもすごくラッキー!

Img_3527

 

ご一緒したゲストの中に、日本の茨城県に

3年居たことがあるご家族、サイレスさん、

ジェーンさんと娘さんのソフィアさんがいらして、

気さくに日本語で話しかけてくれた。

Img_3529

 

ナメナポイントは、水深が深い為、残念ながら

ダイビングライセンスを持ってこなかった私は、

潜ることができずスノーケリングで我慢。

透明度も良く、浅い珊瑚礁は光が差し込み綺麗。

P9170016

 

水面から下を見ると、そこが見えないほど深く、

恋ブルーの海だ。

眼下をたくさんの魚の群れが通り過ぎる。

P9170017

 

スノーケリングでもとても楽しく、あっという間に時間が

過ぎて、ダイビングの人たちも船に上がってくるようだ。

紺碧の海にダイバーの姿が浮かび上がる。

P9170029

 

全員が、船に上がったり、船で近くの島に移動した。

多分この島が、ナメナララ島かな!?

この島には宿泊施設があったようだが、

2年前のサイクロンでほとんど壊れてしまったようだ。

以前は緑の木々に覆われていたが、

サイクロンで木々も無くなってしまったらしい。

P9170034

 

 ダイビング施設はあるが、桟橋もサイクロンで

無くなって残骸が海に沈んでいた。

Img_3533_2

 

少し休憩をとって、またダイビングポイントに戻り、

2本目のダイビング。

少しうねりがあったので、私はスノーケリングを

せずに船の上で皆んなが戻るのを待った。

リゾートに戻ったのは、12時を過ぎ。シャワーを

浴びて少し遅めのお昼を食べて一休み。

 

夕方4時にリゾートのプライベート島で開催される

ヨガに参加した。

桟橋から船に乗って数分のところにある。

Img_3554

 

白い砂浜が広がる小さな島は、1日ここで

のんびりしたいと思わせる、とても素敵な雰囲気。

Img_3561

 

自然の空気の中で、ヨガで心も体もリラックス。

Img_3558


ヨガが終わってリゾートに戻る頃、 海に夕日が沈む。

フィジーに来て初めて見る夕日だった。

Img_3562

 

今夜は、テーブルがプールサイドにセッティングされ、

いつものとは違う雰囲気で素敵。

P9170038

 

リゾートで過ごした6日間は、毎日充実した

日々だった。二人で、ゆっくり食事をしながら、

リゾートでの最後の夜を楽しんだ。

Img_3577

この後、ちょっとした事件があった。

食事の前にシャンパンを飲んだのだが、

私は飲み過ぎて、お手洗いに行く途中に、

気を失い、近くでお食事をされていた方に

支えられて、ソファーに連れて行かれ、

程なく、気がついた。ご親切に“EnerIyte”という薬を

買って来てくれた。薬を飲んで、すぐに元気を

取り戻せた。お世話になり、ありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月16日 (日)

女子旅 6日目 秘密の場所へデイトリップ

早朝のクスト^リゾート。白い砂浜とヤシに

囲まれたリゾートは、心和む光景だ。

Img_3495

 

今日は、リゾートのスタッフ、ケイさんから

教えてもらった、サンゴ礁の綺麗なポイントに

連れていってもらうことになった。

リゾートの近くのサンゴ礁は、2年前の猛烈な

サイクロンで壊滅的なダメージを受けていて、

まだ回復していないようだ。


ダイビングサービスのマネージャー、

アンディーさんが、リゾートから車で1時間の

Natewa湾に面するNaweriと言う場所まで

送ってくれた。ここから、秘密のポイントまでは

船に乗って行くが、その前に今日のガイドの

ジェイさんに説明を受ける。

Img_3500

 

Natewa湾は長さが80km 幅が15kmあり、

南太平洋で一番大きい湾だそうだ。

水深も500mと深くて、外洋からの影響が少ない

守られた湾らしい。

それで、2年前の猛烈なサイクロンの影響を

受けず、綺麗なサンゴ礁が保たれている。

Img_3501

 

私もオサトも期待に胸が膨らみ、わくわく

しながら午前10時に出発。

ボートは、4〜5人乗りの小さなボートで、

少しうねりもあって、かなり揺れた。

Img_3504

 

船では走ること30分から40分、ようやくポイントに

着いた。サンゴ礁が広がる海は、上から見ても

エメラルドグリーンで綺麗だ。

P9160151

 

今回はダイビングではなく、マスク、スノーケルと

フィンでのスノーケリング。ボートから海に入り

顔をつけると、手付かずの素晴らしいサンゴ礁が

広がり、悪阻の美しさに圧倒された。

P9160140

 

ここのサンゴ礁は、非常に浅く、太陽の光が

ふんだんに降りそそぎ、スノーケリングでも

十分楽しめる。サンゴには、小さな魚が群れていたが、

近づくと一斉にサンゴの中に逃げ込んだ。

サンゴは小魚にとって、身を守る隠れ家になっている。

P9160134

 

オサトは、素潜りでサンゴの近くに潜っていった。

ウエイトをつけてないので、少し、潜りづらかったようだ。

P9160144

 

ここは、たくさんの種類のサンゴ、色とりどりの

サンゴがあり、太陽の光がキラキラして、まさに

海の楽園!

ピースフルで美しいサンゴ礁に全てを忘れ、

いつまでも見ていたかった。

Collage_fotor

 

船で戻る途中、もう1箇所のサンゴ礁によったが、はじめに

いったところよりはサンゴの状態は良くなかったが、魚は多かったかな・・・。

 

午後2時ごろNawriに戻ってきたが、かなり潮が

引いていて、迎えの車まで、随分歩くことになった。

Img_3507

 

今日のデイトリップのアレンジをしてくれた

アンディーに感謝!とても素敵な1日を過ごせた。

Img_3508

 

 

リゾートに戻ったのは不午後3時過ぎ。

軽いものを食べ、一休みして、夕食。

今夜は、地元の方のコーラス。フィジーの綺麗な

サンゴ礁と美しい歌声で幸せな夜だった。

Img_3519

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月15日 (土)

女子旅 5日目 2度目のダイビングと初体験ナイトシュノーケリング

土曜の朝は、エッグベネディクトを食べた。

アザラシが大好きな朝食で、うちでは

時々作っているが、外で食べるのは滅多にない。

エッグベネディクトは、おいしいランディーソースが

必須だ。ここのおランディーソースは、ひつこくなく、

酸っぱさもなく美味しかった。

帰ったらアザラシに作ってあげよう。

Img_3468

 

昨日は、体調がすぐれなかった私だが、

1日ゆっくりした事で元気を取り戻せたようだ。

9時半にダイビングボートに乗り込み出発。

初めてのダイビングでは、少し寒かったので、

今日はウエットスーツの中にラッシュガードを

着た。先日のダイビングでもお世話になった

ダイビングガイドのニューさん。今日もよろしく

お願いします。

P9150053

 

船で約10分で今日のポイントライトハウスに到着。

遠くに小さな灯台が見える場所だ。

海はまだ少しうねりがある。

P9150055

 

先日潜ったマシュメロウポイントより、透明度は

いい感じ。水中でガイドのニュー。

P9150059

 

オサトのダイビング姿。オサトの前を魚の群れが

通過していった。

P9150064

 

光が差し込む浅場では色とりどりの小魚。

下手な写真だが、記録として・・・。

先日のポイントよりは、魚が多くて楽しめた。

P9150081

 

ランチを食べて、少し休憩した後は、スパで

マッサージ。昨日はフットマッサージだけだったが、

今日は、60分の全身マッサージ。オープンエアーで

素敵なスパだ。

Img_3449


 

オサトは、リラクジェーションマッサージ、私は、

少し強い指圧マッサージ。素敵な自然の中、

波の音と鳥の鳴き声が聞こえ、体も心も

リラックスできて、幸せな時間だった。

終わったら髪に真っ赤なハイビスカスを

飾ってくれた。

エスティシャンのタイパとリィジーと一緒に。

Img_3490_1

 

夕方、6時半からは、ナイトスノーケリングに参加。

マリンバイオロジストのジョニーが、解説をしながら

桟橋の周りの夜の海を案内してくれた。

1人に1台の懐中電灯を渡されて、ジョニーの後を

ついていくのだが、懐中電灯が暗くて

あまりよく見えない。もっと明るいライトが欲しかった・・・。

P9150093

 

桟橋の下に大きいゴンズイの群れ。ジョニーによると、

昼間は、こんなに群れてないそうで、夜ならではの

光景らしい。

P9150098


初めてのナイトスノーケリングは約30分だったけど、

とても、楽しかった。参加したオサト、テキサスから

いらしたリンダ、案内してくれたジョニー。

みんなの表情から楽しさが伝わる。

P9150101

ナイトスノーケリングを終え、シャワーを浴びて

遅い夕食。

充実した1日を過ごし、ノンアルコールの

モックカクテルで乾杯!

Img_3492


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月14日 (金)

女子旅 4日目 ジャンーミッシェル クストー リゾート

朝起きると、少し胃が痛くて体調が悪い。

オサトは、朝からウォーキングのアクティビティーに

出かけたが、私はパス。

朝食は一緒に食べたが、どうも元気が出ない。

オサトは、朝食後スノーケリングに出かけたが、

私は、休んでいる事にした。レストランや

レセプションのあるところから続くメインの道を

歩いてお部屋へ戻る。

Img_3414

 

メインの道路を歩いて中程のBURE16

私たちのお部屋。

お部屋は1棟ごとで、伝統的なフィジーの家の

作りだそうだ。

Img_3415

 

お部屋の中は、とても広々していて、全ての壁が

ブラインド式。

開けると、風と抜けて涼しく、光もいい感じに

差し込んで気持ちいい。

P9130011

 

入り口と反対方向にもドアがあり、裏庭に

出られるようになっている。

Img_3441

 

裏庭には池があり、スイレンの花が綺麗だった。

Img_3442

 

あちこちにある足の木から、時々どさっという音が

してヤシの実が落ちてくる。当たるとタダでは

すまないので、裏庭は出ない方が良さそう・・・。

Img_3443

 

オサトが、スノーケルから戻ってきたので、

一緒にランチを食べた後、リゾート内にある

スパでフットマッサージをしてもらった。

素敵な景色を眺めながらのマッサージは、

なんとも幸せな時間だ。

Img_3453

 

1日、ゆっくりしてだいぶ体調も良くなり、

スパからブラブラとリゾート内を散歩。

夕暮れのリゾートは、静かで心安らぐ風景。

Img_3422

Img_3421

 

オサトと外のソファーでお茶を飲みながら

しばらくの間くつろいだ。

Img_3467_2

 

夕方6時半からは、フィジーの踊りが披露されて、

夕食の前のひと時を愉しませてくれた。

大人の踊りは力強く、子供達の踊りは

とても可愛いい。

P9140035

P9140028

 

海からみる夜のレストラン、プールが青くライトアップされ

また昼間とは違った雰囲気で素敵!

P9140042


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月13日 (木)

女子旅 3日目 フィジーで初ダイビング♪

今回の旅は、オーストラリアに住む大学の

同級生オサトが数年前から憧れていたジャン・

ミッシェル クストー リゾート滞在と世界でも

有数なソフトコーラルを見ることが目的。

ジャン・ミッシェルさんは、スキューバを

発明したジャック・イヴ クストー の息子さん。

7歳の時からスキューバダイビングをされていて、

今年、80歳になったようだ。


桟橋から見る朝のクストー リゾート。

ヤシの木に囲まれた雰囲気が素敵だが、

2年前、大きなハリケーンに襲われた。

リゾートのお部屋の屋根が、皆飛ばされてなくなり、

元の姿に戻すのに半年かかったそうだ。

Img_3495

 

レストランは一つで、海を見渡せる素敵なロケーション。

朝は、バイキング形式で自分で好きなものを食べる。

飲み物と、暖かいものは別に頼める。

Img_3395

 

今日の朝食は、果物、ヨーグルトとカプチーノ。

トロピカルフルーツが美味しい!

Img_3496

 

海外ではダイビングライセンスがないと

潜れないということを、私はすっかり忘れて、

ダイビングライセンスを持って来なかった。

トライアル講習を受ければ、浅いところは潜れると

いうことで、プール講習を受けた。

機材の説明と使い方、水中でのサイン、

呼吸を止めないということを実習。

Img_3428

 

トライアルに合格して、オサトと一緒に

ダイビングできることになった。

リゾートの少し奥にあるダイビングサービスで

機材一式を借りて準備完了。いざ出発!

Img_3409

 

昨日は、1日どんよりした日だったが、今日は、

少し晴れ間もあり、南の島らしい風景。

長い桟橋を歩いてダイビングボートに乗る。

フィジー初のダイビングポイントは、

船で約5分のマシュメロウポイント。

P9130002

 

サンゴが綺麗でもなく、透明度もそれほど良くない、

魚も沖縄でも見るような魚で、正直なところ期待した

ほどではなかった。

今回のダイビングで撮ったクマノミの写真。

ライトがないので青かぶりのだけど、記録として。

P9130008

 

一緒に潜ったガイドの女の子が、潜っている

ところを撮ってくれた。水温が思ったより冷たく、

mmのウエットスーツでは少し寒かった。

P9130004

 

フィジー初ダイビングを終えて戻ってくると、

腰が少し痛い。大したことはなさそうだが、

大事をとって昼食後は、寝ていた。

オサトは出かけていたが、目が冷めると

フレッシュココナッツがお部屋に届いていた。

冷たいココナッツ水は美味しくて、元気が出た。

フィジータイムが心地いい。

Img_3427

 

夕食時には、いつもギターの音色と優しい

歌声の生演奏が聞こえる。

Img_3426

 

見に行って見ると、フィジー伝統の飲み物、

カバを勧められた。カバは胡椒科の木の根の

粉末を水に溶かしたものらしい。

Img_3425

 

少しだけ飲ませてもらったが、味はなく私には

美味しいとは思えなかったが、この3人の方々は、

毎日飲んでいると言っていた。

健康にはいいのかも・・・。

Img_3424

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月12日 (水)

女子旅 フィジー2日目 ジャン・ミッシェル・クストー リゾートに到着

7月から就航した成田〜ナンディー の

フィジーエアウエイズの直行便、2125分発が

1時間遅れて成田を出発。

ナンディー までは約9時間の空の旅だ。

機内は、かなり空席があり、4席に

私一人だったので、図々しく、横になれて

楽チンだった。

 

10時にナンディー 到着。暑いが、冬から春に

なる時期なので、湿度はなく過ごしやすい感じ。

Img_3338


入国手続きを待っている間、歌でお出迎えを受け、

心が和む。

Img_3336

 

昨日すでにナンディー 入りしたオーストラリア

在住の大学の同級生オサトが待つ

ゲッタウエイホテルに向かう。

そのホテルは空港の向かい側にあるので、

荷物を預けて歩いて行った。

お友達とは、半年ぶりの再会と、これから始まる

フィジーの旅に2人ともワクワクだ。

ナンディー から国内線に乗り換えるのだが、

飛行機が出るまで時間があったので、

空港から15分くらいの「スリーピング ジャイアント

植物園」(眠れる巨人の様に見える山麓に

広がる熱帯植物園)に観光に出かけた。

入園料はF$18でガバジュース付き、

日本円で900円くらい。

Img_3342

 

両側に様々な欄が咲く道を歩く。残念ながら

欄に詳しくないので、名前はわからないが、

色とりどりで綺麗だった。

Collage_fotor

 

欄の咲く道を通り過ぎるとスイレンの咲く池に出る。

周りの木々や植物は、熱帯だけあって、

全てが大きい。水辺の景色をしばらく楽しんだ。

Img_3349

 

植物園内の歩道は奥の方まで続いていたが、

あまり時間もないので、途中からまたきた道を戻った。

入場料を払った受付に戻ると、ガバジュースの

サービスがあり、お庭を望むテラスで、

ジュースを飲みながら休憩。

Img_3361

 

タクシーで空港に送ってもらい、国内線に

乗り換えてフィジーで2番目に大きい島、

バヌアレブ島に向かう。飛行機はプロペラ機の

ツインオッター(DHC-6-400)で席は19席。

Img_3367

 

午後230分にナンディー 国内空港を出発。

トイレもなく、二人とも今まで乗った飛行機の中で

一番小さい飛行機かも・・・。

ともあれ、私とオサトは、憧れのフィジーの旅に

来れて上機嫌。

Img_3369_1

 

ナンディー は1番大きい島ビチレブ島にあり、

首都はスバ。

眼下に広がるビチレブ島の風景を眺めながらの飛行。

この後、雲の中に入り、結構揺れて怖かった・・・。

Img_3376

 

午後340分にバヌアレブ島サブサブ空港に

無事到着。空港はとても小さくてびっくり。

ジャンーミシェル クストー リゾートのスタッフが

出迎えてくれた。

Img_3377


車で約30分ほどで、リゾートに到着。

P9120015

 

スタッフの歌の歓迎を受けて、レセプションへ。

ウエルカムドリンクを飲みながら、説明を聞いた後、

お部屋へ案内してもらった。

Img_3378

 

夕食までの時間、リゾート内をぶらぶらしていると、

何か桟橋の方が騒がしい。見に行くと水上飛行機が

やってきた。オサトが、アメリカで有名な歌手の

ピンクさんだと騒いでいたが、私は音楽には

疎いので、ピンクさんの凄さは全くわからず・・・。

でも水上飛行機でリゾートの桟橋に乗りつけるのは、

めっちゃカッコイイ!!!!!

P9120013_1

 

夜は、海の見える素敵な雰囲気のレストランで夕食。

P9120025



オサトとの再会と楽しい旅になることを祈って

シャンパンで乾杯!

Img_3381

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月11日 (火)

女子旅に出発

今日は、久しぶりに高田馬場の「ティヌーン」さんで

日本水中映像のスタッフと一緒にランチ。
Img_3332
久しぶりのティヌーンは、やっぱりトムヤムラーメンだ。
ピリッと辛い刺激が美味しい。
Img_3331
そして、目白の椿山荘までアザラシに送って貰い、
リムジンバスに乗って 成田空港へ。
アザラシとミューズにお留守番してもらい、
私は、女子旅に出発。
Img_3333

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月10日 (月)

東京へ〜!

朝ごはんを食べて、家を片付け、東京へ向かう。

まだ、日中は暑いのと、海沿いの道路は

混んでいるので、今日も伊豆スカイラインを

通ることにした。

標高1,000mを越える箱根・大観山で一休み。

Img_3327

 

流石にここは、半袖では寒いくらい涼しい。

わんこと一緒に食事できるテラスがあるので

ここでお昼ご飯を食べる。

Img_3325

 

眼下には芦ノ湖が広がる絶景も楽しめて

夏には、うちのお気に入りの場所だ。

午後2時過ぎに東京に到着した。

Img_3330

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月 9日 (日)

ジンジャーシロップ

早朝は、どんよりした空模様だったが、

7時ごろには陽が射してきた。

ミューズと朝の散歩。朝夕は、だいぶ涼しくなり

過ごしやすい。

Img_3319

 

昨日、マーケットで生姜が安かったので、

たくさん買ってジンジャーシロップを作った。

レシピは「自家製ジンジャーシロップ」を参考に

させてもらった。材料は生姜、お砂糖と水が同量、

それにホールのシナモン。最後に蜂蜜と

レモン汁を加える。

材料を鍋に入れて煮るだけなので簡単。

Img_3315

 

できたジンジャーシロップは瓶に詰めて冷蔵で

1週間は保存できる。

炭酸で割りレモンを入れれば、自家製

ジンジャーエールができる。

水で割ったり、紅茶に入れたりしても美味しい。

Img_3316

 

しばらく海外に赴任していたお友達が8年ぶりに、

うちに立ち寄ってくれて、お昼ご飯をご一緒した。

長い間、お会いしなかったが、全然お変わりなく

海外で過ごしたお話を聞かせて頂き、とても

楽しいランチだった。

 

午後は、DSむらいの村井さんがダイビングの後、

ゲストの皆さんとご一緒に、うちに立ち寄って

くれました。毎年、山口県青海島でお会いする

Toyodaさんもご一緒でした。皆さんと海の話で

盛り上がり、楽しいひと時でした。

Img_3321


 夜は、沖縄料理の「ゆんたく」さんに

時々食べたくなる沖縄そばを食べに行った。

優しいお出汁の沖縄そばを食べると、ホッとする。

Img_3322

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月 7日 (金)

夏と秋のゆらぎを楽しむ♪

東京から伊豆に戻り、 数日は台風で

お天気が悪かった。

朝のジョギングもお休みしていたが、

今日は久しぶりに朝の爽やかな中で、

ジョギング。見上げる空も秋を感じる雲。

Img_3294

 

コロッケを作った後の朝食は、コロッケ目玉焼きが

アザラシ家の定番だ。

俵形のコロッケを半分に切り、フライパンで

両面を焼き、その上に卵を落とすだけ。

ご飯にもパンにも合う。

Img_3296

 

朝食の後は、真夏は暑過ぎてサボっていた

庭の芝刈り。芝が10cmくらい伸びていて、

思ったより大変たった。

今日は半分くらいで断念・・・。

Img_3298

 

夕方、ミューズと近所を散歩。道沿いある

柿の実が美味しそうに色づいていた。

Img_3301

 

道路には、熟した柿か鳥が食べた後かは

わからないが、たくさん落ちていて

もうすぐ、実りの秋がやってきそうだ。

Img_3302


朝夕は涼しくて秋の雰囲気、日中は陽射しが

強く時折まだセミの鳴き声が聞こえる。

夏の終わりと秋の訪れを感じながら、

しばらくは、揺れる季節の移ろいを楽しもう。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月 5日 (水)

嵐が去ってハチの襲来

伊豆半島は、台風21号の直撃を免れたが、

それでも時折、風雨が強かった。

今日は、台風一過でいいお天気だ。

Img_3291

 

アザラシが、私の車の修理に沼津に持って

行くのを見送って、ふと上を見上げると、

家の2階の柱に黄色と黒の模様が見えた。

_dsf1053

 

なんか変と思い、双眼鏡で覗いたら、ハチの

群れだった。それも2箇所。卒倒しそうになり、

すぐに駆除業者を調べ、伊東市にある

いまきた養蜂園さんに連絡をとった。

午後2時ごろに見にきてくれて、ハチの種類は

アシナガバチ。

_dsf1054


台風の雨などで巣を放棄して、逃げてきた

群れが固まっているそうだ。

アシナガバチは、もうシーズンが終わり、

これから巣を作ることはなく、固まっている群れも

数日内には、どこかに飛んで行くので、

そのままにしておいても問題ないとの事だった。

またアシナガバチは、草花についている害虫を

食べてくれる益虫だそうで、駆除は

しないことになった。

養蜂園の方が、近くに巣があるはずだと

家の周りを見てもらう。さすがプロ、

2階のドーマの奥、陰になっている場所に

大きな巣を見つけてくれた。 

すごく見にくい場所で全然気がつかなった。

_dsf1057

念のために反対側も見ると、ここにもあった

アシナガバチの巣!!!!

こちらも、もうハチはいないようだが、ハチにも

住みやすい家のようだ。

Img_3300

 

 

養蜂園さん曰く、「ハチが住んでいる山に、

人間が後から住ん団だから、巣を作られても

仕方ないよね」確かに、自然にはいらない物など

ない。色んな生き物がいて、人間も生きて

いけるんだ。ハチとも一緒に暮らしていこう。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月 4日 (火)

台風21号日本上陸

今日は、台風が日本に接近。

思ったほど、東寄りに進まず、

台風20号とほぼ同じ進路を

進んだ。四国、紀伊半島に上陸。

そして近畿地方、神戸に再上陸し、

日本海へ抜けて行った。

Img_3290

 

強い台風21号は、各地に被害をもたらした。

被害に遭われた方々の1日でも早い復旧を

願っている。

特に、関西空港は大変な被害で、復旧にも

時間がかかりそうだ。

 

台風から遠かった伊豆半島でも、時折風雨が

強かった。

食料は、昨日買い込んでおいたので、1日、家に

こもっていた。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月 3日 (月)

台風21号、日本接近前日

強い台風21号が、日本に接近している。

どんな進路を通るのかまだ、はっきりしないが、

今日は、台風が来るとは思えないほど、

良いお天気だ。

Img_3284

 

夏盛りの時と比べると、朝夕は幾分涼しくなった。

ミューズと朝の散歩。うちの近所の雑木林の

木陰を歩く。

Img_3282

 

明日、台風で来れなくなるかもしれないので、

夕方は、久しぶりにさくらの里に行った。

以前来た時は咲き始めたばかりだった

パンパスグラス(西洋ススキ)も今が見ごろ。

Img_3285

 

そして、秋の七草の一つでもあるススキが

咲き始めた。これからあきが深まるにつれ

ススキが黄金色に色づく。

Img_3289

 

夕食は、お友達も誘ってアザラシ家伝統のコロッケ。

アザラシ家では、お正月にたくさんコロッケを

作るのが伝統だ。それに形は俵形。

今年はサボって、お正月には作っていない・・・。

アザラシが海老フライも食べたいというので、

コロッケとエビフライ。

ジャガイモと挽肉、玉ねぎのコロッケだけど、

そのシンプルさが、飽きない1品だ。

Img_3293

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月 2日 (日)

今年初、松茸の土瓶蒸し♪

もう1日東京にいようかと思っていたが、

朝から雨が降っているし,アザラシが

早く帰って来てほしいというので、

今日戻ることにした。

今まで伊豆の往復は、新幹線や踊り子などの

特急電車に乗っていたのだが、今回は、新宿から

東海道線 湘南新宿ラインに乗った。

特急よりも時間はかかるが、予定があるわけでは

ないので、のんびり電車旅を楽しむことにした。

お天気が悪いのがちょっと残念だったが・・・。

Img_3274

 

伊豆高原駅にはアザラシとミューズが迎えに

来てくれていた。着いたのが、ちょうどお昼頃。

駅に近くミューズも一緒に入れる「宇賀神」さんで、

お昼ご飯。

ちょうど、食事に来た「ゴーツーザシー」の横田さんと

ゲストさんにお会いした。

Img_3277

 

お腹いっぱいになって家に戻ると、長野県の

知り合いからトウモロコシとトマトそして

松茸が届いた。

 

夜は、茹でたトウモロコシと今年初の松茸の土瓶蒸し。

松茸の調理法はいろいろあるが、うちの1番の

お気に入りは土瓶蒸しだ。

土瓶蒸しには、やっぱり日本酒が合うなぁ〜。

Img_3280

 

日没もだいぶ早くなり、夕方6時を過ぎると

もうだんだん暗くなる。

蝉の声に変わって、秋の夜は虫の声を

聞きながら、美味しい松茸の香りと絶品スープを

頂いて、超ご満悦のアザラシであった。

堀内君、ご馳走さまでした!

Img_3278

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

2018年9月 1日 (土)

本格的なビリヤニを求めて、東京食べ歩き その1—六本木「サフィファ・ケバブ・ビリヤニ」と新井薬師「南インドダイニング」

早いもので8月もあっという間に過ぎてしまい、

今日から9月。

昨日、送別会が終わってその夜、伊豆に戻る途中、

横浜を過ぎたあたりで、忘れ物があることに気づいた。

それもごっそりと・・・。

アザラシは、取りに戻らずそのまま伊豆に

向かいたいということで、私だけ電車で東京に

戻ることになった。

一番近い駅、戸塚の駅まで送ってもらい、

湘南新宿ラインで東京に逆戻り。

東京の家についたのは、夜中の12時過ぎだった。

 

翌日、忘れた荷物をまとめて、すぐ伊豆に

戻るはずだったが、せっかく1日東京滞在が

延びたので、憧れのほんまもんのビリヤニを

食べに行くことにした。

 

とりあえず今日は、家から大江戸線1本で

行ける六本木の「サフィファ・ケバブ・ビリヤニ」さんへ。

ビリヤニの事をネットで色々調べた時に、

美味しいビリヤニのレストランとして紹介されていた。

Img_3268_2

 

フランセビルの1階で、お店の中は、

薄暗い感じだが、落ち着いた雰囲気。

ちょうどランチの時間だったので、

迷わずビリヤニランチを頼んだ。

ビリヤニの他に、スープとビリヤニにかけて食べる

ヨーグルトとカレー、それとサラダ。飲み物も

ついている。私はラッシーを注文した。

 

ホールスパイスがごろごろ入っていて、食べるごとに

スパイスの香りと味が違い、とても味わい深い。

またヨーグルトやカレーをかけると味が変わり、

美味しい。私が作ったビリヤニとは別物だった。

Img_3269_2

 

今日ではないが、昨日うちの近くの新井薬師にある

ビリヤニの食べられるレストランに行った。

新井薬師は中野に程近く、家から3〜4kmのところ。

昔ながらの商店街がいい雰囲気。

Img_3245

 

その商店街にあるのが。「南インドダイニング」さん。

ここもネットで紹介されていたビリヤニが

食べられるレストラン。

Img_3241

 


ビリヤニにサラダ、ヨーグルト、辛いお漬物の

ようなものがついている。ここのビリヤニは

六本木のお店ほどスパイシーではなく、

マイルドな感じだ。

Img_3243

 

食後には飲み物がついている。私は暖かいチャイを

頼んだ。熱々のチャイを平らな入れ物とカップで

冷ましながら注いでくれたのが、インドっぽくて

なかんか美味しいチャイだった。

Img_3244

 

今回は、2つのレストランのビリヤニを食べたが、

かなり違う味だった。量が多いのは共通しており、

私は完食できず・・・。

今度東京に来た時には、どこのビリアニレストランに

行こうかなぁ〜。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31