« 十五夜 | トップページ | 伊豆高原 さくらの里「森の露天市場」 »

2018年10月25日 (木)

佐渡 —1ヶ月限定・幻のいちじく おぎピオレー

佐渡からイチジクが届いた。箱を開けたら

初めて見る黒いいちじく・おぎピオーレ。

佐渡の小木だけで栽培されているフランス生まれの

黒イチジクだそうだ。ましてまだ5軒の農家だけなので、

手に入りにくい貴重品らしい。

Img_3985

 

早速、食べてみた。皮のままパクリ。

中は赤い色が濃く、白い部分が薄くて柔らかい。そしてめちゃ甘い!

今まで食べたことのない甘さで驚いた。

Img_3988

 

夜は、生ハムとチーズと一緒にワインとともに。

しょっぱい生ハムと甘いイチジクがマッチして

絶妙に美味しい。いつもよりワインがすすんだ。

ご馳走さまでした。

Img_4001

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカーランキング

« 十五夜 | トップページ | 伊豆高原 さくらの里「森の露天市場」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミューズママさん、

フランス生まれのイチジクですか?我が家も去年イチジクの木を植えましたが、実は黒くて小ぶりでとても甘いです。これって、幻のイチジクなのかしら?来年はジャムを作ってみようと思っています。

同じく植えた和梨も今年は豊作でしたが、柿はまさかの渋柿(泣)。こちらでは柿に甘柿と渋柿とがあることなど知られておらず、仕方無くアルコールをかけて甘くして食べていますが、ネットで調べたら、こちらのお店で売っている柿の大半が渋柿にアルコールをかけて甘くしたものとのことでした。

友人から、野生の桃の木の枝を貰って挿し木をしたのが今年は実がなりました。野生の桃って小さくてすごく甘いのです。こちらも、来年はジャムと瓶詰め保存に挑戦したいです。

旅人さん、いろんな果物の木を栽培されてますね!
伊豆でよく見かけるのは、四つ溝という柿ですが、これも渋柿です。
渋抜きした渋柿の方が、甘柿より甘いような気がします。
甘柿は、実がシャキシャキしているものが大きですね。

どころで、この一時期は、フランス産のビオレ・ソリエス(Viollettede Sollies)という
品種だそうです。フランスから生のイチジクは輸入されていないらしいです。
今まで高級フレンチレストラン等でしかお目にかかれなかったようで、
日本では幻と言われているんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581905/67314825

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡 —1ヶ月限定・幻のいちじく おぎピオレー:

« 十五夜 | トップページ | 伊豆高原 さくらの里「森の露天市場」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック