旅行・地域

2017年2月11日 (土)

初めてのバスツアーで1泊2日の女子旅〜♪ 2日目 兼六園・五箇山

寝たと思ったら、あと言う間に朝が来た。

午前6時半に起きて身支度を整え、バイキングの

朝食を食べてバスに乗り込む。


金沢のアパホテルを815分に出発し、兼六園に向かう。

兼六園には15分程で着いた。兼六園も1度、

キヤンビングカーで訪れたことはあるが、冬は初めて。

雪吊りが施された雪景色を期待していたが、この数年、

暖冬で雪が積もらないそうだ。

それでも雪吊りの冬支度は、美しい庭園をより一層

芸術的に見せてくれる。

P2060124

ここには、見事な松の木が沢山ある。その中でも格別な

根上松は、樹齢200年の黒松。自然の風雪によって根が

地表に出た松はあるが、ここの根上松は、13代藩主が、

土を盛り上げて植え、徐々に土をのぞいて造られたと

立て看板に書いてあった。

兼六園のガイドさんが、大きな盆栽と説明されていたが

正に、ぴったりの表現だ。

Img_2480

根上りの松の少し先には、立派な枝が四方に広がっている

唐崎松。それにしても、この庭園を造った人達は、

今の庭の姿を想像していたんだろうか?

とてつもない時間と歴史を感じながら、お庭を拝見した。

P2060102

兼六園を後にして、ずっと行きたいと思っていた世界遺産

五箇山に向かう。

金沢では、雪がなかったが、五箇山は一面真っ白。

Img_2488

あいにくこの日は、雨が降つて足元がべちょべちょしていたが、

念願の五箇山にこれて嬉しい〜!

白川郷より規模は小さいが、その分素朴で風情が

あるように感じた。

P2060144

五箇山を後にして次の目的地、高山へ。ここでは、高山の

古い街並みを見学。商店街から路地を入ると、

突然タイムスリップしたような江戸時代の風情。

沢山お店もあり、すごい人だった。

Img_2494

寒いと思ったら、雪が降ってきた。まだ時間がありそうなので

目に入ったお豆腐さん「のぐちや」さんで、暖かい湯豆腐を

食べることにした。

お昼時でお店は数組のお客さんがすでに座っていた。

湯豆腐の中には湯葉も入っていて、これもまた美味しい。

暖かい湯豆腐が冷えた体に浸みた。

Img_2501

少し温まって、再びぶらぶら。あちらこちらで飛騨牛の

おにぎりや肉まんを売っている。美味しかったらお土産に

買うつもりで飛騨牛の肉まんを一個買って、お友達と

半分ずつ試食。1500円は、少し高いような気もするが、

「飛騨牛だからね・・・。」とお店の人がおっしゃった。

味は少し甘めの味付けでちょと想像していた味とは

違っていた。

Img_2503

Img_2505

肉まんを食べた所から暫く歩いた酒蔵に寄った。

色々なお酒を試飲させて頂いて、いい心持ち。

ここで原酒をお土産を買って、お店の人に時間を

聞いたら、バスの出発、5分前。慌てて、両手に酒瓶を

6本抱えて、走った。結局15分の遅刻。

ツアーの皆さんにはご迷惑をかけてしまいました。

少しとはいえ、お酒を飲んで走ったので、席につくと

暑くて汗が出た。暫く落ち着くのを待って、申し込んで

おいた昼食、照り焼き飛騨牛弁当を食べた。

紐を引っ張ると熱くなるのが面白い。味は、普通かな。

Img_2517

最後に、新平湯にあるたるまの滝を見学。

木々に水を吹きかけて造られた氷のオブジェが大きくて

ビックリ。夜にはライトアップされるそうで、幻想的だろうなぁ~。

これで全ての日程を終え、新宿への帰途につきました。

Img_2528

Img_2523

途中、諏訪湖SAで、休憩。ここは、諏訪湖が一望出来る

絶景の場所。温泉も併設されているので、

キャンピングカーで何度か車中泊した事がある。

夕暮れの湖畔を縁取るように並ぶ灯りが、いいなぁ~!

アザラシが大好きな峠の釜飯をお土産に買ってバスに

乗り込んだ。

P2060150

私たちの夕食も荻野やの釜飯。普通は素焼きの容器に

入っているのだが、素焼きは重いという事で、お釜の形を

したプラスチック容器に入っていた。

中身は全く同じもので、ちゃんとお漬物の小さな容器が

入っている。今回食べたお弁当の中で1番美味しかつた。

Img_2538

諏訪湖SA5時過ぎに出て、新宿にこご8時に無事到着。

 

初めてのバスツアー、効率よく見たいところを回れて、

とても良かったが、散策の時間が短かったのと、

殆ど食事がお弁当だったのが、ちょっと残念でした。

次回は、もう少しのんびり、ゆったりの女子旅がいいなぁ~!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2017年2月10日 (金)

初めてのバスツアー・1泊2日の女子旅〜♪1日目 世界遺産白川郷ライトアップ

伊豆高原に戻った日から熱が出て2日間

寝込んでしまった。

熱は38、5度あったが、インフルエンザで

はなかったようだ。喉はまだ痛いが、アザラシの

介護のおかげで、今日は熱も下がり、体調は

随分回復した。

 

オーストラリアに住んでいるお友達が日本に

滞在している間の2月5日〜6日、白川郷ライトアップを

見に出かけました。

今回はクラブツーリズムのバスツアーで女子旅〜!

今年のライトアップは6日間だけで、2月6日で終り。

 

2月5日の朝10時30分に新宿のバス駐車場を出発。

初めてのバスツアーで、楽しみだ。

Img_2422

新宿を出てから最初の休憩地は八ヶ岳SA。雪はそんなに

なかったが、寒かった。ここで昼食に鶏めし弁当。

この時期に冷たいお弁当はちょっと辛いかな・・・。

Img_2426

途中の安房トンネルはかなり狭いトンネル。スピードが落ちたので

どうしたのかと前を見ると狭いトンネル内でバス同士がすれ違う

ところだった。後ろから見るとほとんだ隙間がないように見える。

さすがプロの技ですれ違えたが、とってもスリリングだった。

これが、キャンピングカーだったら、かなりヒアヒアもんだ。

Img_2430

スリリングな体験も味わって、次の休憩地アルプス街道平湯に到着。

1階がバスターミナルになっていて、3階には

日帰り温泉もある。時間があれば、温泉に入りたいところだ。

Img_2459

ここは数年前、秋にキャンピングカーで来たことがある。

ちょうど紅葉が見頃で美しかった。

お隣にある日帰り温泉「ひらゆの森」で温泉に入った。

雪の季節は、またひと味違う風景だ。

Img_2461

平湯を出て白川郷までもう少しというところで、アクシデントに

遭遇。白川郷出口付近のトンネル内で火災事故で通行止めに

なり、約2時間高速道路上で立ち往生する事態になった。

P2050051

午後4時ごろ白川郷に着く予定だったが、事故の

影響で、着いたのが午後7時。白川郷のライトアップは

午後6時から7時半までなので、何とかすべ鋳込み

セーフでライトアップを見ることができた。しかし、

かなりのバスが遅れて観光客が集中したようで、

白川郷はかなりの人で混み合っていた。

バスの駐車場から白川郷に渡る小さな橋は

人がびっしりで、渡っている間揺れて怖かった・・・。

P2050057

一番の目的は、合掌造りの集落を1房できる展望台から

白川郷のライトアップを見ることだったが、今年から

展望台に行ける人数が500人に制限され、おまけに

シャトルバスに乗って行くことになったそうだ。

なので、今回は、展望台にはいけず、ちょっと残念

だったなぁ・・・。

Collage_fotor

白川郷に着く時間が大幅に遅れたことで、夕食は

ライトアップを見た後、午後8時過ぎに、白川郷にほど

近い「蕎麦庄 やまこし」さんでお蕎麦を頂いた。

Img_2465

ここのお蕎麦は白川在来種で、このお蕎麦やさんが

種から大事に育てているお蕎麦を使っているそうだ。

お蕎麦の他にヤマメの塩焼き、おはぎがついていた。

素朴で美味しい夕食だった。

Untitled

夕食が終わり、この日の宿泊地金沢へと向かった。

金沢の夜の街に出かけようと目論んでいたが、この日

金沢のアパホテルに着いたのが午後10時を過ぎ、

その計画は無くなった。

お風呂に入って眠りについたの頃には12時を

回っていた。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年12月15日 (火)

温泉県・大分の旅2日目

大分の初日にふぐ料理を頂き、朝起きると

心なしか、お肌ツルツル〜!

今回宿泊した「JR九州ホテル ブロッサム大分」は

大分駅ビル、大分シティの中にあるので、どこに

行くにも便利だ。

宿泊した18階のお部屋からは、大分の街が一望、

別府湾も見える。

Img_7205

部屋の中は、木と自然な色合いの壁紙が

使われておりとても落ち着く空間だ。

バスルームも広く、使いやすかった。

Img_7204

またホテルの上の階には天然温泉

CITY SPA てんくう」があり、宿泊すると無料で

利用出来る。大分の街と別府湾を眺められる

露天風呂は、とても気持ちよく、心も身体も

リラックス出来た。

Img_7228

ホテルのレストランで朝食を済ませ、午前11時に

チェックアウト。大分駅から歩いて10分ほどの

大正9年創業の「和風グリル・たかをや」さんで昼食。

Img_7209

本場のとり天を頂きました。鶏肉がとても柔らかく、

ジューシーで美味しかった。

Img_7208

昼食を済ませてお友達に会い、しばらく

楽しい時間を過ごして、3時頃に大分駅前に

ある空港行きのバス乗り場へ。バスが出るまで

多少時間があったので、駅前広場のクリスマス

マーケットを覗いてみた。クリスマスソングが流れ、

手作りオーナメントのお店が並び、見ているだけでも

楽しかった。あっという間にバスに乗る時間になり、

慌ててバスに乗り空港へ。

Untitled

午後8時に羽田空港に到着。1泊2日とは思えない

充実した大分の旅だった。

Img_7211

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年12月14日 (月)

温泉県・大分の旅1日目

今回の大分の旅は、大学時代のお友達を訪問する旅。

アザラシとミューズはお留守番でした。

 

当初は3人で行くはずでしたが、急用で

1人のお友達が行けなくなり、2人旅になった。

前日の天気とは打って変わって、真っ青な青空。

飛行機まではバスで移動し、タラップで乗り込む昔の

スタイルで旅情を感じる。

Img_7200

12時頃に大分空港に到着。ここからバスで大分駅に

向かう。大分駅に着くのは13時過ぎ。

Img_7203

今回の宿泊先は大分駅ビル、JR大分シティーの

中にある一番高いビル“JRホテルブロッサム大分”。

JR大分シティーは、今年4月にオープンした複合

施設だ。

P8020028

チェックインして荷物をお部屋に置いて、大分に住む

お友達を訪問。今月お誕生日なので、先日作った

熟成フルーツケーキをプレゼントした。

Img_0416

夕方、お友達のご主人にご招待頂いて、夕食を

食べに電車で小旅行。

Img_0424

大分駅から特急にちりんで30分、臼杵駅に到着。

駅からラクシーで5分ほどで「ひかり鮨」に到着。

Img_0436

 名前は「ひかり鮨」ですがふぐ料理の名店だそうだ。

ふぐのフルコース頂きました!

ふぐの皮のサラダ、ふぐ刺し、唐揚げ、ふぐちり、

焼き白子塩味とゆず味噌、ふぐのお鮨、果物。

お酒はもちろんひれ酒を頂きました。ヒレの香ばしい

香りと旨味が入ったひれ酒は温まります。

Untitled

2杯目のお酒は、ふぐの白子酒。温かい日本酒に

白子が入っていて濁り酒のようなほんのり甘いお酒。

今まで飲んだことのない味に舌鼓。

お友達はあっという間に飲み干してしまいました。

Img_0449

ふぐのコースに加えて、貴重な関アジのお刺身と

握りずしを頂きました。

関アジは地元で入手が難しいそうだ。

しっかりした身に脂がのっていて口の中に

甘みが広がる。美味しかった!

Untitled_2

最後にお店のご主人がお鍋に入れてくれた、

白子とどこの部分か定かではないがプリプリの

半透明な身。今まで食べたことのない食感で、

これがまた美味しかった。

Untitled_3

ふぐ料理と関アジを満喫、身も心も幸せ〜!

心残りはお腹がいっぱいで、ふぐの雑炊が

食べられなかったこと・・・。

大満足の夕食の後、とても素敵な「ひかり鮨」のご主人と

記念写真!ご馳走様でした〜。

Img_0461

臼杵駅から特急にちりんシーガイヤに乗って大分駅へ。

大分の味を堪能した1日でした!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年11月 5日 (木)

伊豆半島 秋を探す旅その4吉奈温泉「Bakery&Table 東府や」パート2

カフェの前にある橋の向かって左側がカフェ、

右側は日本の古い木造建築

Img_6977

スタイリッシュなカフェとは反対に歴史を感じさせる

「大正館 芳泉・カフェアールデコ」がある。

お茶やお食事ができますが、入口の看板で見た

クリミアを室内で頂きました。

Img_6990

大正時代の趣が残る室内は、昔の日本にタイム

スリップしたような雰囲気。木枠の窓、美しく貼られた

床張り等、昔の大工さんの丁寧な仕事がうかがえる。


クレミアは生クリームがたくさん入った濃厚で

クリーミーなソフトクリーム。

コーンの部分はグランドシャークッキーで

サクサク〜。今までに食べたことのないちょっと

贅沢な味だった。

Img_6998_fotor_collage_1

敷地内には蔵のような作りの離れがあり、街の中を

歩いているような気分にさせてくれる。左側は山へ

登っていける道があるが、山の上までは行けなかった。

山道に登る途中には自然に囲まれた素敵なテラスも

ある。


「大正館 芳泉」のすぐ前には滝つぼなどの

湿った場所の植物に垂れ下がるキヨスミイトゴケ苔

植物に映える苔なんて初めて見ました。


その先を進んでいくと、七五三の衣装を着た

可愛い女の子が、歩いてきた。そういえばもうそんな

時期だ。プロのカメラマンが2人の写真を撮って

いるのを後ろから若いご夫婦が嬉しそうに見守って

いたのが微笑ましかった。

Untitled

もう一本、苔むした趣のある芳泉橋を渡って、右に

曲がると東府やさん本館の入口にいける。

_dsf5293

本館のロビーも拝見したが、重厚で落ち着いた

雰囲気でとても素敵。

小さなショップもあってとても居心地が良さそう。

宿泊は無理だが、お食事と温泉を楽しめる

リーズナブルな日帰りプランもある。今度はもっと

ゆっくり温泉にも入ってみたい・・・。

_dsf5291

伊豆高原の家からほんの1時間、スタイリッシュな

カフェと古き日本の良さがミックスされた異空間への

旅でした。

まだ知らない素敵な伊豆がここにありました!

 

昨日買ってきた。たっぷりぶどうが入った美味しい

ぶどうパン食べながら、旅の余韻に浸ってます。

紅葉の見頃の時期、また行きたいなぁと思いながら・・・。

Img_7007

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年11月 4日 (水)

伊豆半島 秋を探す旅その3 吉奈温泉「Bakery&Table 東府や」

昨日に引き続き今日もお友達を誘ってずっと

行きたかった中伊豆・吉奈温泉にある

「ベーカーリー&テーブル 東府や」さんでランチ〜♪

 

今回は下見ということでミューズちゃんはお家で

お留守番。

吉奈温泉までは伊豆高原から36km。

平日だからか、ほとんど混まず、1時間ほどで着いた。

国道414号線の吉奈入り口の信号にある大きな

案内の看板のところを曲がって約1km田んぼの

間の道を進むと目的地。

駐車場からお店に向かう道から見える景色も素敵!

黒い屋根が「ベーカリ&テーブル」のお店。

_dsf5311

坂道を下ってお店の入り口に着くと、目の前には

プール。そしてプールの左側には石のテーブル。

テーブルの下は温泉がひいてあり、足湯に

つかりながら食事ができる「足湯テラス」。

「足湯テラス」の他に、テーブル席もあり、

わんこも同伴できる。

_dsf5308_fotor

2人ともスープランチを注文。「足湯テラス」で

足湯しながら優雅なランチ。

Img_6957

目の前には、ブルーの水と本おすこし色づき始めた

もみじ。川のせせらぎの音と爽やかな秋の風を

感じながら、とても癒されました。このテラスの屋根は、

藤棚になっていて5月には藤の花が垂れ下がり、

美しいそうだ。

季節ごとに違う表情を持つこのテラス、お気に入りに

なりそう。

_dsf5272

ここのベーカーリーのパンはとても人気のようで、

店内は平日にもかかわらず大勢の人で混んでました。

Img_6960

店内に並ぶパンはみんな美味しそうで、何を

買おうか迷う。気がつくと、トレイに乗り切れない

程のパンを買ってました。

Img_6961

一旦荷物を車に置いて、広いお庭を散策。

川沿いの小さな小道を歩いて行くと、広い芝生の

広場にあずま屋。

Img_6964

そこで数人の方がソファーに座り気持ちよさそうに

お庭を眺めていらっしゃいました。

_dsf5274

芝生を歩いて川の方に進むと小さな滝を眺められる

滝見テラスと名付けられた場所。その先には川に

降りられる道もあって、夏には川遊びも楽しめそう。

Img_6970_1

この辺りの紅葉の見頃は11月下旬から12月上旬

だそうで、まだ紅葉には早かった・・・。

今はまだ緑色のもみじだが、紅葉の時期にはまた

一段と美しい景色になるだろう。


川沿いの道をお店の方に戻る途中、真っ赤に紅葉した

1本のもみじを見つけた。

Img_6975_fotor

 

ベーカーリーの前には古い橋があり、この橋を渡ると

「東府やResort&Spa」へ繋がっている。

Img_6976

散策の続きは明日のブログで〜!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年11月 1日 (日)

伊豆半島 秋を探す旅その2 河津「バガデル公園」

庭の小道の形ができたところで気が緩み、

秋バラが見頃の「河津バガテル公園」に

行きました。  

_dsf5241_1

初めて「河津バガテル公園」に行きましたが、

幾何学模様の庭園にたくさんのバラが咲いて

いて見事です。

_dsf5250_1

1,100種類、6,000本のバラがあるそうで、

バラの種類の多さにビックリ!

写真を撮っても種類が多くて名前を覚え

きれない・・・。

_dsf5251_1_fotor_collage

その中で、1つだけ名前を覚えたバラ

「伊豆の踊り子」。

そばに行くだけで、バラのいい香りがして

思わず花に顔を近づけてみたくなる。まだ先の

事だけど、庭ができたらこのバラを植えたい。

_dsf5254_1

色とりどりのバラを見ながら庭園を歩き、

優雅な気分。バラの花をバックにミューズも

ご機嫌〜。

_dsf5245_1

お天気が良く、少し暑かったのかミューズは

途中から歩かなくなった。仕方なく抱っこして

歩いたのでちょっと疲れた・・・。

 

園内に飾ってあった写真を見ると、秋より春の

方がより華やかそう。もう一度春バラの季節に

来てみたい。

素敵なバラの花と香りに包まれ、とても優雅な

時間を過ごせました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年10月27日 (火)

伊豆半島 秋を探す旅その1「修善寺温泉」

旅の後始末もほぼ終えて、秋晴れで気持ちが

いいので、伊豆高原から40分ほどの

「修善寺温泉」に行ってきました。

Pa260164

 

ちょうどお昼頃ついたので、まずは昼食。

ネットで調べて人気のお蕎麦やさん

「朴念仁」へ。さすがに人気店、すでに

10人くらいの方が並ばれてました。

窓からは竹林が見え、風情のある店内。

アザラシはとろろ、私はせいろを注文。

十割そばでかなり細い。

私的にはそばつゆの味がもう少し強い方が

良かったかな・・・。

Pa260124_fotor_collage

「朴念仁」さんの駐車場の隣にお蕎麦の屋台。

それも“ワンコイン”と書いてある。お蕎麦を

食べたばかりだが、どんなものか食べたくて、

お蕎麦のはしごをしてしまいました。

Pa260121

店内はほぼ満席状態。と言っても10人くらい

しか入れません。

隣の方が食べているのが美味しそうで、尋ねて

みると、メニューにはない“お任せ”だそうで、

それを注文。

まずは塩そばが出てきた。ここも十割そばですが

少し太め、わさびとお塩でシンプルに。

Img_6883

次はざるそば。上に乗っているノリが香ばしい。

そばつゆはちょっと変わってて色が薄い。

Img_6886

最後にそばつゆにゆずと天かす入りの蕎麦湯を

頂きました。これで500円はとても

リーズナブル〜!

Img_6887

修善寺温泉街には、14件お蕎麦やさんが

あるそうなので、次回はまた違うお蕎麦やさんに

行ってみよう。

 

平日だから混んでないと思い出かけましたが、

思いの外の賑わいでビックリ!

ずいぶん昔に行った時はかなり寂れて活気が

なかった。

温泉街もずいぶん整備され、修善寺温泉街を

抜けた所に広い駐車場も新しく出来てました。

ゲートのある駐車場ですが、大型のキャンピング

カーでも入れます。24時間出入り自由なのと、

トイレもあるので便利です。1日500円ですが

24時で料金が変わるようです。

Pa260152

 

ここに車を止めて、ミューズと一緒に修善寺

温泉街を散策。

修善寺温泉を流れる桂川沿いの竹林の小径。

暖かな日差しの中、川のせせらぎを聞きながら

竹林を歩くと、ちょっと旅気分。

Pa260136

竹林を抜けた突き当たりに甘味処水ぐちさんで

食後のデザート。お蕎麦のはしごして

お腹一杯ですが、甘いものは別腹〜。

わんこも一緒に入れるが良い。

アザラシは抹茶栗ぜんざい。私は栗団子と抹茶の

セット、せせらぎの音と赤いかつら橋と

緑のモミジを見ながら頂く甘味は、

また格別でした。

Pa260150

かつら橋を渡って修善寺へ向かいます。

Pa260139_2

左手には日帰り湯の「筥湯(はこゆ)」があり

大人350円。今回は残念ながら入れませんで

したがいつか入りに来たい。

この辺りはお土産やさんもあってゆっくり歩くと

面白そう。

Pa260154

 

筥湯の向かい側が修善寺。菊の花が飾られた

階段を登って本堂でお参り。日中は歩くと汗ばむ

陽気で、アザラシは境内にある色づき始めた

モミジの前で休憩。

Pa260163

昔とはかなり変わって居心地良くなった

修善寺温泉。ちょっとした旅気分を味わえ

楽しかった。今回はまだ紅葉には早く残念。

来月の中頃、また修善寺温泉の違う風景を

見に行こう!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年10月15日 (木)

ちょとそこまで〜!中伊豆「萬城の滝」

ば伊豆高原は、この数日爽やかないいお天気。
庭の作りかけの小道を少しでも進めたい
ところですが、足りなくなった道の縁取りに
使う石をまだ注文していないので中断したまま。
お隣さんの雑草がうちの庭まで迫ってきているので
今日の午前中は草刈り。

午後は、アザラシが川に行こうというので、今日の
草刈りは終わりにして、「萬城の滝」に行くことに
した。伊豆高原から約30キロほど、約40分の
小旅行。

伊豆半島は以外と山深く、少し山の方に行くとこ
んな山道が多い。薄暗い杉林の山道をくねくねと
進むと地蔵堂という小さな町に出た。
Pa150155

秋の里山の風景がなんともいい雰囲気。
道のあちこちに変わった標識を見かけた。
”お年寄りに注意”ということだろうか?なかなか
ユーモラス!
Pa150195

”わらほ温泉”と書かれた小屋のようなものが
あった。温泉があるのかと小屋の周りを探したが
温泉施設らしきものはない。小屋に人がいたので
聞いてみたら、温泉施設はないそうで、ここは温泉を
配給しているところだそうだ。ここで汲んで帰って
自宅で温泉に入るということらしい。残念ながら
温泉には入れない・・・。
Pa150199

”わらほ温泉”給湯所から車で走ること数分。
「萬城の滝」に到着。パーキングに車を止めて
滝へ。1分ほど道を下ると滝があるがゴーッと
いうすごい水の音。滝つぼ近くに降りると
瀑風と水しぶき。以前は滝の裏側の道を
通れたのだが、今は通れなくなっている。
Pa150190_fotor

滝からしばらく進むと河原に出られる。川は滝からの
澄んだ水が滔々と流れている。夏の川遊ぶには良さそう。
Pa150167

「萬城の滝」パーキングの隣にはキャンプ場もある。
カブトムシの形をしたトイレは珍しい。
川沿いにバンガロウが並ぶ。炊事棟もあり、
夏のキャンプには良さそう!わさびもあちこちで
栽培されていて、清らかな水の流れるワサビ田が
見れる。
Untitled

売店でソフトクリームを食べながらちょっと
一休み。
Pa150179

3時ごろ「萬城の滝」を出て帰路に。途中、まだ
行ったことがない別荘地を探検。そこから見えた
富士山が日本画のような光景で美しかった!
Pa150202_1_fotor

約3時間の小旅行だったが、滝の水しぶきが
作り出すマイナスイオンをいっぱい浴びて、
リフレッシュ〜!
突然明日、キャンピングカーで出発することに
なりました、準備しないと・・・。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


キャンピングカー ブログランキングへ

2015年8月 5日 (水)

友達に会いに大分一人旅〜。

8月に入ってセミの声も朝からうるさいくらい聞こえるように
なりました。もう本格的な夏。先週の週末1泊で、大分に
行ってきました。一人で旅に出るのは久しぶり〜。

JALのお昼の便で大分へ。夏休みも本番、羽田空港も家族ずれで
混んでました。
Img_6426

空港からバスに乗り、午後3時頃に大分駅前に到着。
今年春、完成した大分駅”JRおおいたシティー”
P8020027

屋上庭園に登ると大分市が一望出来ます。
屋上庭園では夏休みのイベントが開催されていました。
また可愛いミニ鉄道に乗って大分市内の景色を見ることが
できます。可愛いゆるキャラ”そうりん”君、みんなに記念撮影を
頼まれて人気もの〜。”そうりん”君は戦国大名の大友宗麟が
モデルらしい・・・。
P8020032

駅から歩いて10分程と所にあるお友達おすすめの”大分県立
美術館(OPAM)”へ。向かう途中に涼しげな移動氷菓子屋さん。
この日の大分市も熱中症注意情報出てたたので氷菓子食べた
かったけれど、横眼でみながらスルー。

Img_6433

”OPAMU"も今年4月にオープンした美術館。とても開放的な
建物でこの日もたくさんの人で賑わってました。
夏の企画展「進撃の巨人展WALL OITA」「『描く!』マンガ展」、
「コレクション II」が開始されていました。3階の 天井には日田杉が
使われており、木のいい香りがしてとても癒される空間です。
Img_6441

今回は時間があまりなく、駆け足で見たので次回はキャンピングカーで
訪れてゆっくり過ごしてみたい大分でした。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック